MENU

もしからして若年性アルツハイマー?って思ったら

 

 

若年性アルツハイマー…生活に大きな影響を及ぼす病気ですが、改善や予防にサプリなどは有効なのでしょうか?

 

もし有効なのであれば改善や予防の為にもぜひ取り入れたいところですが、どのようなサプリメントや栄養素が必要なのでしょうか。

 

若年性アルツハイマーの改善などに必要・効果があるとされる栄養素は次のようなものがあります。

 

・水素(細胞の酸化・老化の原因を除去)
・オメガ脂肪酸(DHA ・EPA・ARAなど、脳の記憶力に関係する部位に多く含まれる)
・ジオスゲニン(滋養強壮・体力向上など)
・プラズマローゲン(脳・神経の細胞をコントロールしてくれる)
・ビタミンB12(脳細胞の生成に加担)

 

などなどですね。

 

 

 

これだけ見ても専門家ではないので分かりませんが、ちょっと参考程度に頭に置いておくのも良いと思います。

 

最近では「水素水」をよく見るようになりましたし、家庭で気軽に作ることが出来るという商品も販売されるようになりました。

 

オメガ脂肪酸は魚を食べる事を心がける事で、取り入れる事も出来ます。

 

ジオニスゲンは山芋の栄養素。などなど若年性アルツハイマーに効果的な栄養は存在するという事ですね。

 

 

 

それらの栄養素を含んだサプリの口コミ情報を扱うサイトをいくつかチェックしてみました。

 

成分としては「DHA・EPA」が上位ランキングに集中していました。

若年性アルツハイマーにDHA・EPAが必要とされる理由は?

 

 

なぜ若年性アルツハイマーにDHA・EPAが必要とされるのでしょうか?

 

それはアルツハイマーは「記憶」に大きくかかわる「海馬」と、「認知能力」を担当する「大脳皮質」に関係してくるからです。海馬と大脳皮質が疲れ切ってしまうと、アルツハイマーを引き起こしてしまうのです。

 

サバやイワシなどの青魚に多く含まれるDHA・EPAは発症の原因をダウンさせてくれます。1日に1回食べるだけで通常の5分の1程度の発症率になるというような情報もありました。

 

DHA・EPAはドロドロになってしまった血液をサラサラにしてくれるという効果もあるので、脳に関する怖い病気の予防にもなりますね。

 

 

 

若年性アルツハイマーは64歳以下の人に見られる「認知症」の一種です。

 

毎日青魚などと向き合うのは、結構大変ですよね。そもそも栄養素を必要な分だけ取り入れるための食事は大変です。

 

でもサプリメントなら簡単に「若年性アルツハイマーは」の予防や改善の手助けとなってくれます。

 

私も毎日家族のために料理はしますが、実際そこまで考えてはいられません。

 

 

 

家族のためにも、自分のためにも「うっかり」程度で済んでいる内から考えていこうかと思います。

 

 

 

「若年性アルツハイマー」は本当に周りの人たちに支えてもらわないと生活できなくなってしまう、大変な病気です。

 

早期発見・早期治療で改善率はかなり上がる様ですが、回避できるのならそれが一番ですよね。

 

 

 

ここではDHA・EPAに重点を置いた感じになりましたが、DHA・EPAサプリで通常の倍は発症を防げる!という事が凄いことだと思うので是非おススメしたいと思います。⇒こちら

このページの先頭へ