MENU

若年性アルツハイマーは予防できるの?正しい予防法とは?

 

 

若年性アルツハイマーは時間や場所が分からなくなってしまったり、人を個人として認知できなくなってしまったり、忘れている事がある事も分からなくなってしまったりする大変な病気です。

 

早期発見・早期治療が出来れば、改善の度合いも大きくなりますが64歳以下の方ですので「まさか」「まだ大丈夫」が勝手しまって発見が遅れる可能性がとても高い病気です。

 

そんな「若年性アルツハイマー」早期治療のために気を付けるよりも、「そもそもかからない!」が理想ですよね。理想を現実に変える方法をチェックしましょう。

 

 

 

正しい予防法とは?

 

 

まず大前提にあるのは生活の見直しのようです。

 

・適度な運動を日常的に行う
・きちんとした睡眠時間の確保
・食生活の見直し

 

この3点はとても重要です。

 

適度な運動を日常的に行う

 

適度な運動や睡眠時間は毎日のスケジュールを調整し、なんとか頑張れるかもしれないですね。

 

身近な人にはこんな人たちが居ました。
「毎日犬の散歩がてら30分ウォーキング」
「通勤電車の中でつま先立ち」
「階段を使う」
色々あるもんですね。

 

そういう私は仕事は徒歩5分圏内…なので休みの日には家中を掃除&雑巾がけ。平日は家事を全力で…いや、ダメか?程度しか出来ていません。これを機にデスクワーク中のエクササイズでも実践してみようかと思います。

 

きちんとした睡眠時間の確保

 

日々忙しいあなたは睡眠時間の確保できてますか?私は・・・

 

きちんと毎日しっかり寝る事。どれだけ寝れば大丈夫という事ないようですので、自分でスッキリできる程度で良いかと思います。

 

食生活の見直し

 

食生活の改善、これってかなり大変だと私は思います。

 

仕事を頑張る人にとっては外食なんかも増えるでしょうし、お母さん達は家族のために毎日献立を考えるだけでも大変ですしね。私は独身時代は外食メインでしたし、若い内はファーストフードも愛用していました。

 

今も母として「今日はお肉、明日は魚」くらいのもので、栄養素は野菜なんかも食べさせないと位のものです。

 

 

 

若年性アルツハイマー予防に効果的な食材として重要なのは、青魚や山芋などが良いようです。

 

 

 

特に青魚に含まれる、 DHA・EPAはとても大切な栄養素と言えます。実際毎日青魚を食べていた人と、そうでない人の若年性アルツハイマー発症率は5倍も変わります。毎日食べていると5倍かかりにくくなるというデータがあるんですね。

 

毎日食べるだけで5倍…すごいですね。

 

でもなかなか毎日お魚というのは、難しいのでサプリなんかを取り入れてみるのもおすすめです。

 

若年性アルツハイマーの予防に役立つDHA・EPAのたくさん入ったサプリメントは多く存在します。サプリメントの効果を確認しますと元気が出るといったような口コミを多く見つける事が出来ました。後は朝が快適だとかですね。

 

若年性アルツハイマーも予防できる上に、毎日の疲れや運動不足なんかも気軽にサポートしてくれるようなサプリがあるんです。

 

 

 

という事で、毎日の自分の健康意識をまずはチェックしてみてください。運動や睡眠、食事など見直して改善できれば、通常よりもかなり若年性アルツハイマーからは逃げられると思います。

 

どれも今一つ実践出来なければ(みんな忙しいですしね…)サプリなんかも簡単に実践できる手なので、ちょっと楽に予防しましょう。

 

 

トップページ

このページの先頭へ