MENU

本当に?若年性アルツハイマーはこんなことがの原因に?

 
若年性アルツハイマーは早期発見・早期治療が重要と言われていますが、そもそも何が原因で発症するのでしょうか。

 

高齢になって仕事を退職したら発症しやすい…そんな話は聞いたことがありますが、若年性アルツハイマーの原因は聞いた事がありませんでした。

 

 

 

若年性アルツハイマーの原因で一番多くみられるのは、脳の血管障害です。

 

ケガや病気とその原因は様々なようですが、急性脳出血・脳梗塞などが大きな原因の一つとして挙げられていました。

 

目に見えて大きな障害がありますので、そちらに目が行ってしまい若年性アルツハイマーなどの気配に気づくのが遅くなってしまうようです。

 

もちろんその様な症状で安静にしている患者さんですし、安静にしている間に発見するのは難しそうですね。職場などに復帰した際に、症状が目に付くようになる事が多いようです。

 

 

 

他にも「βアミロイド」や「タウ」といった悪質なたんぱく質による、脳への影響も若年性アルツハイマーを引き起こす要因になっているようです。

 

ここまで調べてみた結果、脳に何らかの悪影響があった際に若年性アルツハイマーを発症する可能性がとても大きい様に感じられます。

 

 

 

じゃあ脳への影響があるようなケガや病気はした事がないよ!という人には関係のない話なのでしょうか?

 

そんな事もないようですよ。

 

他にもストレスやうつ病なんかも関係してくるようです。あとは遺伝なんかも影響を受ける可能性を秘めているようですね。

 

 

 

生活の改善などで予防を!という事ですので、脳に影響が出てしまう様な病気などを回避することが若年性アルツハイマーを回避する事にもなるのではないかと思われます。

 

若年性アルツハイマーを発症する大きな引き金を持っているのが「脳」という事ですね。なんかシンプルに「そらそうだろうね」と…自分で思ってしまいましたが…記憶力にしても何にしても「脳」で考え身体を動かしているんですしね。

若年性アルツハイマーの原因 まとめ

若年性アルツハイマー病の原因としてのまとめは…

 

「脳」に悪影響を及ぼす病気は「若年性アルツハイマー」を引き起こす可能性が大きい!という事。

 

脳に負担がかかるような「ケガ」「病気」をしてしまった場合、ケガや病気の改善ももちろんですが、若年性アルツハイマーにかかっていないか、予兆は見られないかを気にした方がよいでしょう。

 

あとは「ストレス」などからの悪影響にも、要注意です。今はストレス社会なんて言われる事もあるよに、多かれ少なかれみんなストレスと戦っています。

 

こちらの方が病気やケガなどの明確な症状が見えない分、やっかいな気もしますね。そして身近な気もしてしまいます。

 

 

 

若年性アルツハイマーの原因を作らないように、自己診断、生活の見直し、予防対策など自分で見直し考えていく必要がありそうですね。改善法はこちら

このページの先頭へ